都心でも快適に暮らせる狭小住宅を建てる前に

紙で作った家
一戸建て

夢のマイホーム購入

茅ヶ崎周辺で一戸建て住宅の購入を検討しているけれど、予算的に新築物件の購入を躊躇っているのであれば中古一戸建ての購入を検討してみることをお勧めします。中古一戸建てであれば必要に応じてリフォームをした場合でも新築物件と比べて相当割安な価格で購入できる可能性が高いといえます。

狭さを生かして快適生活

家の形の植物

都心でマイホームを実現

マイホームを建てることは、多くの人にとって人生における一大事業です。そしてそれを東京で実現するとなると、かなりの難事業となります。今さら言うまでもないことですが、東京は物価の非常に高い地域です。中でも土地の価格は全国でも群を抜いて高水準です。東京のような地域で一戸建て住宅を取得しようすると、その負担は相当な額となります。ただ、そんな東京にも比較的安く購入できる土地があります。もちろん安いだけあって広さは不十分です。しかし工夫をこらせば、そんな狭い土地でも快適に暮らせる住まいを実現することは可能です。そうした住宅のことを、狭小住宅と呼んでいます。最近ではむしろ狭さを逆手にとったユニークさが独特の個性として評価され、人気を呼んでいます。

床面積を上下に確保

狭小住宅は、おおむね15坪(約50平方メートル)以下の敷地に建てられた住宅です。通常の住宅を建設するには十分とは言えない広さですが、構造や間取りの工夫により、狭さを感じさせない設計になっています。多くの狭小住宅で採用されているのが、3階建てです。現在は建築基準法の改正によって、木造3階建て住宅を建築できる地域が大幅に増加しています。3階建ては狭い土地でも床面積を多く取ることが可能になりますし、住宅密集地でも十分な日照を確保できます。さらに天窓や吹き抜けを採用すれば、狭小住宅の課題である下層階の採光性も改善できます。これとは違う形で床面積を確保する手段としては、地下室の建設があります。地下室は地上音が届きにくいため、寝室やAVルームなどに適しています。

男性と女性

一国一城の主になろう

大阪市内には分譲住宅が豊富に売り出されており、物件は2,000万円代から存在しているので、無理なローンを組まなくとも購入することが可能です。現実的に購入を考えるなら、各業者が開催している見学会を利用し、いろいろな物件を実際に見ながら選んでいきましょう。

一軒家

入居期間と現場で相談

交通網の発達した大阪で注文住宅を建てるには、家族で話し合い住宅のイメージを膨らませる事が大切です。また建築中の現場に足を運ぶことで、ストレスフリーで快適な注文住宅をつくる事ができるのです。ただし注文から入居までの工期が長いので注意する必要があります。